「インプラントって何ですか?」が電子書籍になりました

 この世は言うまでもなくインターネット全盛の時代である。歯科業界でも全国各地の歯科医院がそれぞれ独自のホームページを開設して、盛んに宣伝を行っています。中でもここ数年、特に目立っているのがインプラント治療ではないでしょうか。新聞やテレビでの宣伝はもとより、インターネットにも沢山掲載されていますので患者さんはそこからいろんな知識や情報を簡単に得ることができます。

 ところが、その内容というのは様々で、インプラント4本入れてその日に仮義歯で咬めるようになりますとか、インプラントを入れたその日から咬めるようになります。といった内容がよく見かけられます。また、インプラントについての情報は非常に限られており何を信じていいのかわからないというのが現状です。現在、主に使用されているチタン製のインプラントが患者さんに埋め込まれるようになって高々40年の歴史しかないのはご存じでしょうか。

 1950年代にスウェーデン、イェーテボリの整形外科医であるブロネマルク博士がチタンと骨がくっつくという事を偶然発見した事から始まりました。博士が動物実験を行っている時、ウサギの骨に計測用のチタン製キャリパーを埋め込みました。実験が終った後、骨から撤去しようとしましたが、骨とくっついて取れなくなったことを不思議に思い、まさかそんな事はと、同じ事を繰り返してみましたが、やはりくっついて離れないという結果でした。その後、チタンと骨は親和性が非常に高く、お互いに接合(生着)するということがわかり、これをアゴの骨に埋め込み、人工歯根として利用できないかということで実験を進めました。その後、歯の代用として十分に使えるとういう事を確認した後に製品化され、患者さんに応用されるようになりました。

 それ以来というもの、様々な国で様々なチタン製のインプラント(人工歯根)が開発され、現在その数たるや数十社にのぼると言われています。また最近では、チタンは生体との親和性が非常に高いとの理由でめがねのフレームや時計のバンドやネックレス等にも使われているのは周知の事です。

 続きはAmazonの電子書籍をご覧ください。

2015年8月
元九州大学歯学部・准教授
福岡口腔インプラント研究所代表
久保敬司